« セカンドライフってなんや? | トップページ | 「えあま」の安全な箸 »

2007年5月31日 (木)

無農薬の果物ってあるの?

ヘルシーメイトの独り言へようこそ。
ここは愛知県の自然食品スーパーに勤める某男性の
プライベートとも仕事絡みともつかない独り言をのた
まうブログでございます。
HPアドレスhttp://www.healthymate.jp
 

6月末は10%OFF!会員の方にはDMをお届けしています。

お誘いあわせの上、是非ご来店ください!
6/26(火)~30(日)
10%OFF+(会員の方)
ポイント通常セール!
(但し書籍・お酒・お米・ギフト・パン類・ミネラルウォーター類・輸入

食品等一部商品は対象外)

 

●無農薬の果物ってあるの?

最近多いのが、「無農薬の果物欲しいんですが」というお客様の

問い合わせ。これから暑くなる季節、キンキンに冷やした水分多

めな果物類が冷蔵庫に置いてないとダメ!私もうダメ!という

方も多いかと思われます。まして無農薬ならばなおさら良し!

ですが、野菜に無農薬のものは多々あれど果物では、この

業界でもあまり聞きません。何故でしょうか?

答えは至極明快。甘いもの(糖度の高いもの)は人間も好きなら

虫や動物も大好物なのです。なので無農薬でやろうものなら

一般的な野菜よりも何倍も害虫が発生しやすく、手入れが

大変なのです。もちろんやろうと思えば出来ますが、その際

仮にうまく作れたとしても7~8割は見た目が悪く、普通の

スーパーなら誰も手に取らないような見てくれの悪いものに

なるでしょう。こうなるとただでさえ厳しい農作業を1年頑張って

、全く売れない物を作ろうというには、信念を通り越して道楽で

やらない限り全くもって採算のあわない行為になります。

限られた地域の中での「地産地消」ならば、殆どの農作物は

果物も含めて無農薬でしょう。つまり商業ベースで有機栽培の果

物を流通させるのは、とてつもなく難しいことなのです。

今当店で扱いのある果物でも国産のもので低農薬、無化学肥料

栽培、バナナなど一部は海外で栽培されたものですが無農薬栽

培です。それでも当店のりんごなど、まあ美味しいこと!季節に

より当たり外れもあるし、これでもかと品種改良したあま~い一般

的に売られている果物よりは糖度は低いですが、なにより生命力

を如実に感じます。バナナにいたってはどんだけ真っ黒になっても

中身は殆ど傷んでいません。やはり普通に売られているバナナよ

り、濃厚な甘みとしっかりとした咬み応えがあり、丹精込めて育て

られたのだな、とつい想像させられます。

加工品にする分には有機栽培の果物使用の商品は若干見られ

ます。しかしそれでも毎年安定的に一定量得られる事が前提に

ない限り、殆ど在庫限りおしまいです。

本当によいもの、美味しいもの、鮮度の高いものを味わえる特権

はどんなものでも生産者にしか味わえない、幻みたいなものなの

かもしれません。

|

« セカンドライフってなんや? | トップページ | 「えあま」の安全な箸 »

農産物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無農薬の果物ってあるの?:

« セカンドライフってなんや? | トップページ | 「えあま」の安全な箸 »