« 有機栽培表示野菜「丸協フードサービス」 | トップページ | 千葉県産ゆで有機落花生 »

2007年9月19日 (水)

有機JAS認定の輸入果物の謎

愛知県の自然食品スーパーに勤める某男性の
プライベートとも仕事絡みともつかない独り言をのた
まうブログでございます。
HPアドレスhttp://www.healthymate.jp

9/28(金)~9/30(日)

5%OFF+(会員の方)ポイント2倍

お誘いあわせの上、是非ご来店ください!
(但し書籍・お酒・お米・ギフト・パン類・ミネラルウォーター類・輸入

 食品等一部商品は対象外) 

§サービス券交換商品のお知らせ§ 

栗原の煮豆シリーズで、原材料は北海道産とら豆、

自然塩、洗双糖のみ使用した栗原のとら豆294円×2袋

を、会員様に発行している500円券1枚で交換します。

素朴な甘み、ポクポクとした食べ応えは特に女性に大好評!

この機会を是非お見逃し無く!!!

 

●有機JAS認定の輸入果物の謎

 

つい先日のことですが、ヘルシーメイト店頭で取り扱

っているアメリカ・カリフォルニア産の有機JAS認定の

グレープフルーツについてお客様から、「お宅の輸入

果物は有機JAS認定マークを表示しているが、輸入の

際防カビ剤など使用してはいないか」という電話でお問

い合わせがありました。

前回あれほど大きく有機野菜について姿勢をぶち上げ

ておきながら何とも情けない話ですが、正確に輸入の果

物がどうであるか把握しておらず、輸入農産物であるな

らば、有機JASであっても国を越えて侵入させてはならな

い病原菌等を殺菌するために、何かしら使っている筈だ、

という根拠の無い先入観でお答えしてしまい、不信感を

もたれたであろうそのお客様が農水省に確認をして、輸入

の果物であっても何も使用していない筈だ、とお叱りを

受けてしまいました。言い訳ですが、有機JASであっても

天然由来の農薬で農水省から許可されているものは使わ

れている可能性があるので、つい曖昧な受け答え(結局

私自身輸入の際どういった状態できているのか、事実は

どうなのか把握していなかったのが一番の原因ですが)

に終始してしまいました。それが更に不信感を募らせて

しまった要因です。このブログをもしお読み頂いている方

でお心当たりありましたらば、深くお詫び申し上げます。

申し訳ありませんでした。

 

早速カリフォルニアグレープフルーツも含め、当店が

取り扱っている有機JAS認定の輸入農産物について

「徳島バナナ」という業者さんから詳しいお話を聞いて

みました。

当店で今現在(2007・09・19)扱っているものは先のグレ

ープフルーツ、アボカド、レモン、バナナ、キウィです。

店頭での販売価格から考えると、飛行機便で送られて

くることはまず有り得ません。となれば船便ということに

なりますが、果物がこれ程の期間(最低でも輸送で1~2

ヶ月)持つのでしょうか?

なんとこれが持つのだそうです。しかも80年代我々の

業界でも槍玉に挙がった悪名高きポストハーベスト

(農産物が腐らないよう船に積載する前、している最中

、入港先で、と繰り返しかける防カビ・殺菌剤の事)など

を使わずにです。

持つ理由として第一に温度管理・空調技術の発達が挙

げられます。果物に限らず空気中に漂う二酸化炭素や

エチレンなどが青果を腐らせる主な原因ですが、現代の

船輸送ではそういった腐敗を防止しつつ輸送する諸技術

が、昔に比べ飛躍的に向上しており、貯蔵している場所

に外気が入り込まない限り、まず腐敗することはないそう

です。ただ柑橘類のカビの発生はどうやっても防ぎようが

ないそうで、防カビ剤を使用していない分、何%かはカビて

しまうのを覚悟の上で輸送するそうです。他にも水洗いの

みで積載する青果が殆どなので、青果の表面に残った水分

による腐敗なども、たまにあるそうです。ただ、そういった輸

送の際に品質の劣化した青果は、徳島バナナさんのような

業者の手を経る段階で選り分けられていき、(徳島バナナ

さんは流通している有機JAS農産物を小分けをすることが

できる有機JAS資格を持っています。この資格については

またの機会で説明します)どの青果もきれいな状態なもの

しか店頭には並びません。うまくいけば、化学的な処置を

一切せずとも貯蔵のみで1年ほど持つとの事で、私自身も

一昔前の輸入農産物のイメージとは大きく様変わりしてい

る事実に非常に驚きました。

よくよく考えてみれば、当店でも仕入れている水野農園

のりんご(認定は取っていないが特別栽培並みか、それ

以上の基準で作っています)も半年ほど貯蔵していて、

それを順次出荷していくという方法を取っています。

情けない話ですが、私自身まだまだ勉強不足な点も

多々あります。間違いのある発言、文章に関しての

指摘はどしどし受け付けておりますので、容赦なくお

叱り頂ければと思います。

|

« 有機栽培表示野菜「丸協フードサービス」 | トップページ | 千葉県産ゆで有機落花生 »

農産物」カテゴリの記事

生産者情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有機JAS認定の輸入果物の謎:

« 有機栽培表示野菜「丸協フードサービス」 | トップページ | 千葉県産ゆで有機落花生 »