« 佐藤ファームさんmixiブログより転載「謎?たまごハックション!」 | トップページ | 梅丹 のど梅酢 »

2007年11月29日 (木)

角谷文治郎商店 みりん酒粕

三河みりん酒粕購入はこちら
ヘルシーメイトオンラインショップ
へどうぞ!


 

07年度オーガニックボージョレー

完売いたしました。ありがとうございました。

生産者:福島県大竹さん

「農家が食べるお米」入荷致しました!

生産者新田さん「まほろば米」は在庫無くなり

次第今年分は終了となります。順次大竹さん

に切り替えていきます。

 

ゼンケン「ホットカーペット2畳用本体+カバー付」

がメーカー在庫品切れとなり、今季の販売終了

となりました。

当店でも在庫残りわずかですのでお早めの購入

をお勧めします。

※2畳本体もメーカー終売と告知しましたが、

 こちらはまだメーカー在庫ございます。

 訂正してお詫びします。すみませんでした。

~クリスマスケーキ予約始まりました!~

マロンケーキやロールケーキ類、サイドメニュー

も充実!安心安全美味しいをモットーに作られた

ムソーのクリスマスメニューのご予約は店頭、℡、

ファックス、メールにて受け付けております。

メニュー詳しくはコチラ↓

http://syunin.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_c1a9.html

予約受付:岡崎本社店 ℡  0564-52-7000

               Fax 0564-52-7119

     名古屋焼山店 ℡  052-800-3533

               Fax 052-800-3544

メールでのご予約 healthymate@w7.dion.ne.jp      

  

 

5ポイント2 (会員の方)SALE!!!

12/25(火)~31(日)迄開催! 

※最終日の31日の営業時間は

  午後3時迄となります。

(但し書籍・お酒・お米・ギフト・パン類・ミネラル

ウォーター類・輸入食品等一部商品は対象外)  

07121_1

 

←12月のスケジュールです。

 

 

●角谷文治郎商店 みりん酒粕

ようやく「寒いね」と言い合う気温になってきました。

こうやってPCに向かっている足元(特に膝)がすうすうと

冷えます。商売のポリシー上エアコンを殆どつけず、指

しか動かさず、なおかつPCの冷却ファンの風が足元で

漂っている為、オフィスOLさんのようにひざ掛けが欲しく

て仕方ありません。30過ぎのおっさんがひざ掛けして

パソコンやってる姿はだいぶ絵面悪いですが(苦笑)。

それ以上に接客業であるためひざ掛けはNG。あとは

股引(スパッツ)か、空気イスでパソコンやるか。

何にしろ辛い季節です。

 

今回はそんな足元だけでなく、心も財布も寒い私を

も温めてくれる(かもしれない(苦笑))、角谷文治郎

商店のみりん粕をご紹介します。

 

07_2  

←画像左 1袋700g ¥630 

角谷文治郎商店HP↓

http://www.mikawamirin.com/

 

詳しくは上記HPで見ていただければ分かり

ますが、初めて知った方に簡単に説明させ

て頂くと、愛知県三河地方で200年以上の歴

史を持つみりん作りの専門店で、原材料は国

内産もち米100%・米麹・本格焼酎(もしくはそ

れ以上の品質)のみで作られている、三河地

方では伝統的な昔気質の味醂屋さんです。

当然のことながら角谷さんのみりん粕は前述の

通りの原材料から絞られたみりんの粕なので、

まろやかな甘みと添加物による雑味は一切

感じられない、すっきりとしたみりん粕です。

フレッシュなみりん粕を楽しむなら魚を漬けた

り、粕汁、鍋、こぼれ梅(みりん粕をそのままお

茶うけとして食す。関西ではこの呼び名のお菓

子として在る)など。少し時間を置いて発酵した

ものなら漬物(粕漬け)としてご利用頂けます。 

 

去年(多分夏終り~秋口にかけてだったと思いますが)

このみりん粕をお買い上げ頂いたお客様から、去年よ

り明らかに変色していて美味しくない、との意見が寄せら

れたことがありました。確かにその時期入荷していた

みりん粕は去年のものよりも明らかに色がくすんでおり、

毎年ほぼ同時期に発注しているのに何故こんな違いが

でるのか問い合わせてみたところ、みりんは年に数回

絞って、その時に出る粕を次回またみりんを絞るまで

保存し、注文があれば順次出荷するらしいのですが、

去年はずいぶんと仕込みの時期と猛暑が重なってしま

ったことがあったらしく、お客様が望んでいたようなフレ

ッシュなみりん粕はあまりでなかったとのことでした。

とはいえ熟成が進んでいるだけなので品質は問題

ないですし、熟成しているほうが好きな方にとっては

むしろ好都合だったでしょう。(フレッシュなみりん粕

好きにはがっかり…な結果になってしまいましたが)

 

今年は画像を見ていただければ分かるとおり、問題

なくフレッシュで、艶やかなみりん粕が入荷しました。

昨今出来合いの魚の粕漬けや漬物、一般に出回る

みりん粕も多く見られますが、やはり角谷さんのみりん

粕は一味も二味も違います。

 

是非一度お試し下さい!

 

ヘルシーメイトの独り言もランキングに参加中です。

清き一票をお願いします!(笑)

人気ブログランキングへ

|

« 佐藤ファームさんmixiブログより転載「謎?たまごハックション!」 | トップページ | 梅丹 のど梅酢 »

季節商品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 角谷文治郎商店 みりん酒粕:

« 佐藤ファームさんmixiブログより転載「謎?たまごハックション!」 | トップページ | 梅丹 のど梅酢 »