« ●植物性たん白とは? 其の三 | トップページ | 植物性たん白とは? 其の五 »

2007年11月13日 (火)

植物たん白とは?其の四

●ボージョレーの予約締め切りました。

岡崎店・名古屋店共に若干入荷ございます

ので、店頭でもご購入頂けます。現品入荷

出来次第ブログでも取り上げます。

(両店併せてマーセルが約12本・デュクロー

が約20本程度となります。ご購入を検討の

方はお電話での取り置きをお勧めします。)

~クリスマスケーキ予約始まりました!~

マロンケーキやロールケーキ類、サイドメニュー

も充実!安心安全美味しいをモットーに作られた

ムソーのクリスマスメニューのご予約は店頭、℡、

ファックス、メールにて受け付けております。

メニュー詳しくはコチラ↓

http://syunin.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_c1a9.html

予約受付:岡崎本社店 ℡  0564-52-7000

               Fax 0564-52-7119

     名古屋焼山店 ℡  052-800-3533

               Fax 052-800-3544

メールでのご予約 healthymate@w7.dion.ne.jp      

 ~ゼンケン暖房器具入荷しました~

ゼンケンの暖房器具類、岡崎本社店・名古屋焼山店に

入荷しました。ポイントは付きませんが、5%・10%セール

中にお買い上げ頂ければかなりお得です!是非ご検討

下さい。21

 

  

※画像は名古屋焼山店のものです 

5ポイント2 (会員の方)SALE!!!

11/23(金)~25(日)迄開催!

(但し書籍・お酒・お米・ギフト・パン類・ミネラル

ウォーター類・輸入食品等一部商品は対象外)

 

植物たん白とは?其の四

植物たん白とは?其の一

http://syunin.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_c562.html

植物たん白とは?其の二

http://syunin.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_4edf.html

植物たん白とは?其の三

http://syunin.cocolog-nifty.com/blog/2007/11/post_3365.html

 

今日は缶詰類の紹介です。

続けてご紹介してきた通り三育フーズという老舗

(いうなれば任天堂)にオーサワジャパン(いうなれ

ばSONY)が同系商品で挑んでいる状態ですが、

30年近く作り続けてきた三育さんも、後発のオーサ

ワジャパンも、今まで紹介してきた植物性惣菜を

ごらん頂いてお分かりのように独自のブランドを

築いているので使い分け(住み分け)が出来ていま

したが、こちらの缶詰類は露骨にコンセプトも

方向性もぶつかりあっています。

マクロビ教室や、健康に気を使う人が素材と

してはじめに植物性たん白を使う場合、この缶

詰類や乾物類が、入り口になるだけにお互い

お客様確保に必死です。三育フーズも植物性

たん白の商品類全般のパッケージを、以前と

比較してかなり垢抜けたデザインに変更したあ

たりその意気込みがよくわかります。

 

三育フーズ 缶詰類

●グルテンミート

1   Photo_2      

 

 

 

●グルテンバーガー

1_2 Photo_3  

 

 

  

 

●リンケッツ

1_3 Photo_4  

 

 

 

●ソイーズ 

1_4 Photo_5  

 

 

 

基本的にこれらの植物性たん白は、料理をする

上で素材としての扱いですが、下味はしっかり

調味してあります。三育・オーサワ共通で言える

ことですが大豆たん白メインと考えられがちです

が、これらも原材料の順番としては小麦たん白

が一番上、二番目が大豆たん白です。

動物性の肉でも言えることですが、単体だけで

作ると味が単調になります。組み合わせること

で味の幅が広がるのは植物たん白でも同じこと

が言えるようです。(食べた自分の私見なので

メーカーの人間に聞かないことには本当のとこ

ろはわかりませんが(苦笑))

 

●オーサワジャパン ベジミートシリーズ

・穀物で作った畑の肉 ひき肉タイプ

Oj1 Oj

 

 

 

 

・穀物で作った畑の肉 ブロックタイプ

Oj_2 Oj1_2  

 

 

 

オーサワジャパンのベジミートは、三育のモノ

と比較して上品な味わいに仕上がっています。

三育フーズの缶詰類は多少値段の幅がありま

すが、オーサワさんに比べ大分リーズナブル。

食べ比べてみても(三育が下世話、というわけ

でなく)ずいぶん模索・研究されたものだなあ、

と個人的な感想ですが思いました。

両メーカーとも単体で食べても十分いけます。

(私は、ですが)

個人個人、味覚は千差万別なので、ここで

書かれていることは話半分で留めていただき、

直接食してもらうことをお勧めします。

 

次回は最終回、植物性たん白乾物類を

取り上げます。

|

« ●植物性たん白とは? 其の三 | トップページ | 植物性たん白とは? 其の五 »

純植物性食品情報」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 植物たん白とは?其の四:

« ●植物性たん白とは? 其の三 | トップページ | 植物性たん白とは? 其の五 »