« 水野農園のりんご | トップページ | オーブス ラインナップ大幅増加! »

2008年1月19日 (土)

佐藤ファーム平飼卵 佐藤さんの独り言

08年 1月 16日 追加情報

●味噌用大豆・各種麹の予約受付始まりました

手前味噌作りや粕漬に適した季節になりました。

自分だけの手作りの味に挑戦してみましょう!

大豆と麹の比率は大体同量ですが、甘めに仕

上げたい時は麹を多めにして下さい。今年は夏

が非常に暑く、残暑も長く厳しかったため、残念

ながら除草剤1回、防虫剤1回の減農薬栽培大豆

となります。

             

●味噌用大豆 (生産者:安城市・キコソーレ)

一袋単位    価格  予約特価

  1kg     \1000   \900 

「大豆」栽培内容

除草剤、防虫剤各1回 音楽栽培

 

●乾燥玄米麹 (オーサワジャパン)

一袋単位    価格  予約特価

  500g    \1144   \1030 

「乾燥玄米麹」栽培内容

岡山県産無農薬栽培玄米使用

 

●白米麹 (兵藤麹店)

一袋単位    価格  予約特価

  1kg    \1380   \1242 

「白米麹」栽培内容

福島県産・生産者新田さん栽培時農薬不使用

白米使用

 

●大豆麹 (兵藤麹店)

一袋単位    価格  予約特価

  1kg    \1380   \1242 

「大豆麹」栽培内容

愛知県産大豆 除草剤、防虫剤各1回 音楽栽培

 

●乾燥麦麹 (オーサワジャパン)

一袋単位    価格  予約特価

  500g    \987   \889 

「乾燥麦麹」栽培内容

岩手県産有機栽培大麦使用

 

ご予約締切日2008年 2月 3日(日)

ご希望の方は入荷次第ご連絡差し上げます。

お渡し日(予定)1月29日以降 

(大豆麹は2月8日以降になります)

 

大豆は定価にて店頭販売致しますが、各種麹は

予約主体としていますので、店頭での販売はごく

少数となります。予約で全て埋った場合店頭には

並びませんので、お早めの予約をお勧めします。

●超微粒子水使用、オーブス商品各種

 取り揃えます

今まで基礎化粧水「夢水肌(ゆめみはだ)」のみの取り

扱いでしたが、ご好評につき各種店頭に並べることに

なりました。

一通り置く予定ですが、採用しなかった商品でリクエ

ストがあれば検討させて頂きますのでお気軽に声を

掛けてください。

       詳しくはコチラ↓

http://www.orbs-i.co.jp/menu/main_menu.html

 

●大木代吉本店 純米酒粕取り扱い始めました

自然米使用日本酒・自然郷、こんにちわの料理酒で

お馴染みの大木代吉本店さんの純米酒の酒粕が店

頭に並びました。原材料から製造法まで、愚直を貫い

た日本酒作りから生まれた一味違う酒粕をご堪能下

さい。

大木代吉本店のHPはコチラ↓

http://www.jizake.or.jp/kuramoto/sizengo.html

 

 

5%OFF+(会員の方)ポイント2倍

SALE!!!

1/25(金)~27(日)迄開催

(但し書籍・お酒・お米・ギフト・パン類・ミネラルウォーター類・

輸入食品等一部商品は対象外)  

●佐藤ファーム平飼卵 佐藤さんの独り言

今回はミクシィ上での数少ないマイミクシィ(同志)、当店

取り扱いたまご、佐藤ファームの佐藤譲二さん(群馬県

在住)のミクシィブログを転載させて頂きます。

「井戸尻遺跡」

農場から北へ車で30分ぐらい行った所に「井戸尻遺跡」
という遺跡がある。
国道20号線から一段あがった台地の上にある小さな縄
文遺跡だ。 竪穴式住居が復元してあり、あたりは陽当た
りのいい広場になっている。 田んぼがあり、湧き水があっ
て、南アルプスと富士山が望む事が出来る。

その遺跡に行ったのは、もう随分前のことです。 多分、前
の晩にしこたま飲んでしまい、ちょっと眺めのいい、あまり
人が来ないような静かなところで、散歩でもしたかっただけ
だったのでしょう。 のんびり散歩をしたのだから、もっといい
季節のことだったんだな。

 
昨年の暮れ。12月の22日、冬至の日にご近所の仲間とうち
のにわとり(たまごを産んでいないようなやつ)を何羽かつぶ
して、クリスマスチキンにしました。(このお話しの詳細はまたいずれ)

チキンにしたのはいいのだけれど。
さすがにお肉にするための品種ではないし、太らせるた
めのエサではないし、飼い方も粗放にして飛んだり跳ね
たりいつもしているにわとりですから、皮は分厚くて固いし、
肉は少なくて骨からなかなかはがれないし(レバーはとて
もきれいだったけど)、やはり扱いやすいものではありま
せんでした。

でもね。スープをとったら、とても「うま!」かった。
油も全然気にならなかったし、濃厚なスープがとれた。
しかも、とってもとってもまだとれた。このままずっととれ
るんじゃないかと思えるほど、長くとれた。 1羽あれば、
「しばらくはもういいや」というぐらい満足した。

「肉食(にくじき)」とはこういう事なのかしらん?と思った。
簡単ではないけれどとてもおいしいこと、こころやら体や
らが満足する、ってことなのかなぁ?と思った。

農場のまわりでキジがうろうろしています。 きっと遺跡のあ
たりにもいるでしょうし、いたんでしょう。縄文の人たちもみ
んなでどうにかして捕まえてみんなでさばいて「うま!」とか
言い合っていたにちがいありません。
きっとキジ1羽あれば、しばらくの間それを楽しんだこと
でしょう。


「きっと何千年前もこうやって、あ〜飲み過ぎたなん
て言ってたやつがいたんだろうナー。」
飲んだ相手は要は女房の父親、舅というやつだ。婿
と舅が何かを祝い深酒をする。
そんな他愛のないことを人は何千年もしてきたのでしょう
し、これから何千年も続けていくのでしょう。


遺伝子組み換えでないエサを選び、不要な薬は使わず、
適正な規模で環境に負荷をかけないように飼っています。
小さな事ですが、それでそんな他愛ない宴が少しでも長く
続けばうれしいな。

寒い季節です。皆さまどうぞご自愛下さい。

|

« 水野農園のりんご | トップページ | オーブス ラインナップ大幅増加! »

ゲスト情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 佐藤ファーム平飼卵 佐藤さんの独り言:

« 水野農園のりんご | トップページ | オーブス ラインナップ大幅増加! »