« 蔵っ工「額田味噌」 | トップページ | 水野農園のりんご »

2008年1月17日 (木)

再生紙偽装について

08年 1月 16日 追加情報

●味噌用大豆・各種麹の予約受付始まりました

手前味噌作りや粕漬に適した季節になりました。

自分だけの手作りの味に挑戦してみましょう!

大豆と麹の比率は大体同量ですが、甘めに仕

上げたい時は麹を多めにして下さい。今年は夏

が非常に暑く、残暑も長く厳しかったため、残念

ながら除草剤1回、防虫剤1回の減農薬栽培大豆

となります。

             

●味噌用大豆 (生産者:安城市・キコソーレ)

一袋単位    価格  予約特価

  1kg     \1000   \900 

「大豆」栽培内容

除草剤、防虫剤各1回 音楽栽培

 

●乾燥玄米麹 (オーサワジャパン)

一袋単位    価格  予約特価

  500g    \1144   \1030 

「乾燥玄米麹」栽培内容

岡山県産無農薬栽培玄米使用

 

●白米麹 (兵藤麹店)

一袋単位    価格  予約特価

  1kg    \1380   \1242 

「白米麹」栽培内容

福島県産・生産者新田さん栽培時農薬不使用

白米使用

 

●大豆麹 (兵藤麹店)

一袋単位    価格  予約特価

  1kg    \1380   \1242 

「大豆麹」栽培内容

愛知県産大豆 除草剤、防虫剤各1回 音楽栽培

 

●乾燥麦麹 (オーサワジャパン)

一袋単位    価格  予約特価

  500g    \987   \889 

「乾燥麦麹」栽培内容

岩手県産有機栽培大麦使用

 

ご予約締切日2008年 2月 3日(日)

ご希望の方は入荷次第ご連絡差し上げます。

お渡し日(予定)1月29日以降 

(大豆麹は2月8日以降になります)

 

大豆は定価にて店頭販売致しますが、各種麹は

予約主体としていますので、店頭での販売はごく

少数となります。予約で全て埋った場合店頭には

並びませんので、お早めの予約をお勧めします。

●超微粒子水使用、オーブス商品各種

 取り揃えます

今まで基礎化粧水「夢水肌(ゆめみはだ)」のみの取り

扱いでしたが、ご好評につき各種店頭に並べることに

なりました。

一通り置く予定ですが、採用しなかった商品でリクエ

ストがあれば検討させて頂きますのでお気軽に声を

掛けてください。

       詳しくはコチラ↓

http://www.orbs-i.co.jp/menu/main_menu.html

 

●大木代吉本店 純米酒粕取り扱い始めました

自然米使用日本酒・自然郷、こんにちわの料理酒で

お馴染みの大木代吉本店さんの純米酒の酒粕が店

頭に並びました。原材料から製造法まで、愚直を貫い

た日本酒作りから生まれた一味違う酒粕をご堪能下

さい。

大木代吉本店のHPはコチラ↓

http://www.jizake.or.jp/kuramoto/sizengo.html

 

 

5%OFF+(会員の方)ポイント2倍

SALE!!!

1/25(金)~27(日)迄開催

(但し書籍・お酒・お米・ギフト・パン類・ミネラルウォーター類・

輸入食品等一部商品は対象外)

●再生紙偽装について

巷で「エコ偽装」なる造語がマスコミを賑わしています。

(08年01月17日現在)年賀葉書の再生紙使用比率の

%の偽装に留まらず、大手製紙会社の殆どが再生紙

と名のつく紙の割合が偽りだったというTBSへのタレこ

みから始まったスクープですが、正直いって、ああ、

どう考えてもこの数字通りに作られているわきゃあ

ないだろな、というのが私自身の中で常識として昔から

あり、世間的にも当然常識で通用する話だと思い込ん

でいたので、ここまで大袈裟な話になるとは思ってもみ

ませんでした(まあTBSが独占ですっぱ抜いたスクープ

なので、なるべく世間の注目を浴びたい意図も絡んで

大々的に報道しているようにも見えなくはないですが)。

 

皆様ちょっとこちらのHPを見てきただけますでしょうか。

中部リサイクルHP エコペーパー100↓

http://www.es-net.jp/activities/ecopaper.html

 

まだエコだのリサイクルだのの認知が高まる遥か

前から、ヘルシーメイトでは中部リサイクルから再

生紙100%のエコペーパーを販売、日常的にも社

内で使用していました。私も高校生くらいの時から

何かとこの再生紙を利用したことがありますが、と

にかく色が汚い、プリンターやFAXの読み込みにも

使えない、なおかつ値段も高いので、何でこんな

モノをわざわざ使わにゃあいけんのかとブーブー

文句垂れていたことがありました。(苦笑)なので

100%再生紙の限りない不便さを日常的に知って

いる身としては、10年程前辺りから出回り始めた

再生紙が何%配合かははっきりわかりませんが、

エコに貢献してますよ、と強く主張できるほどの

数字であると仮定したとして、素人目ながらどう考え

てもこんな白くなるわけ無いし、使い心地も普通の

紙と何ら遜色ないので、絶対におかしい!と思って

いました。極端な話かもしれませんが、エコペーパー

100などの100%再生紙(特に新聞紙100%再生紙)

は、プリンターやFAXなどのオフィス機器との相性が

非常に悪く、メーカーによってはすぐ紙詰まり、インク

にじみを起こしやすいとんでもない代物でした(今は改

善されています)し、当然のことながら当時のオフィス

機器も、現在の最新機種でも高い配合率の再生紙を

前提とした作りにはなっていない筈です。

再生紙を普通に使える一般ユーザー向けプリンター

やFAX。そんなものを馬鹿正直に作ろうとすれば莫

大なコストが掛かる筈ですし、ましてやわざわざ大手

製紙会社の工場にある巨大な製紙機器で作ろうと思

えば相当なコストアップになります。間違いなく販売価

格に反映される再生紙。普通の新しい紙より使い勝手

は良くない、色は悪い、高い再生紙。はっきり言います

が、再生紙が出回り始めた10年前、その当時に敢えて

それを選んで買う程、私を含め消費者の意識も高くなか

ったと断言できます。だからこそ今までなあなあで見過ご

されたのでしょう。

数字を偽装していたことは断罪されてしかるべきで

はありますが、安く、速く、きれいで、高性能で壊れに

くいプリンターやFAXというもの自体、再生紙では成り

立たないと考えた方が賢明でしょう。リサイクルされた

回数が多い古紙ほどコストは高く、品質は劣化してい

きます。精密機械の塊であるプリンターやFAXがそこま

で対応できるとは思えません。将来的にはどうかわかり

ませんが。(と逃げを打っておこう(苦笑))

ヘルシーレターは(本物の)再生紙ですし、社内での

日常的なメモ用紙はいらないレシートや使用済みFA

X用紙を使用etc…細かいことを挙げ出したらキリがあ

りませんが、多分うちに限らず意識の高い方は漫然と

「再生紙と書かれているものを使っているよ~」

という免罪符的な段階で終ることなく、遥か昔から

できる範囲でやっている程度のことだと思います。

正直「この程度」であってまだまだ威張れる程のもの

でもありません。

今回の事件はやはり漫然と再生紙を使っているから

エコだよね、という「エコ風味」な人々が多かったという

要素が大きいと思います。私も後出しジャンケンのよう

にこんなところで幾ら吠えてもみっともないだけですが、

自戒も含めて書いてみました。

エコ先進国のドイツなども、ただリサイクルだけで終

らず、消耗品の類はその都度使い倒すということに

主眼を置いています。とても煩わしい作業の連続に

なりますが、それが日常的に浸透している辺り、本

物のエコ。かっちょいいだす!てなもんですが、その

一人一人のエコ意識の非常に高いドイツですらリサ

イクル事業全般が破綻しかかっている程、採算の取

れる形での資源の再利用システム構築は難しい問

題です。

分野を問わずまだまだエコ偽装(なんかしっくりこない

語句だな…)は出てくるでしょう。内部告発を恐れて

の自主的な調査、発表も相次ぐ可能性があります。

だいぶ情けない話ですが、この段階を経る事によって

企業側の人間も含め、各個人が市民オンブズマンの

ような意識になってくれることを望みたいところです。

|

« 蔵っ工「額田味噌」 | トップページ | 水野農園のりんご »

主任の独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再生紙偽装について:

« 蔵っ工「額田味噌」 | トップページ | 水野農園のりんご »