« ブログお休みのお知らせ | トップページ | 世界宗教事情 »

2008年1月12日 (土)

有機野菜の価値

08年 1月 12日 追加情報

●超微粒子水使用、オーブス商品各種

 取り揃えます

今まで基礎化粧水「夢身肌」のみの取り扱いでした

が、ご好評につき各種店頭に並べることになりました。

一通り置く予定ですが、採用しなかった商品でリクエ

ストがあれば検討させて頂きますのでお気軽に声を

掛けてください。

       詳しくはコチラ↓

http://www.orbs-i.co.jp/menu/main_menu.html

 

●大木代吉本店 純米酒粕取り扱い始めました

自然米使用日本酒・自然郷、こんにちわの料理酒で

お馴染みの大木代吉本店さんの純米酒の酒粕が店

頭に並びました。原材料から製造法まで、愚直を貫い

た日本酒作りから生まれた一味違う酒粕をご堪能下

さい。

大木代吉本店のHPはコチラ↓

http://www.jizake.or.jp/kuramoto/sizengo.html

 

プースのパン値上げします。

原材料の高騰により各パン20~80円値上げと

なります。ご了承下さい。

 

5%OFF+(会員の方)ポイント2倍

SALE!!!

1/25(金)~27(日)迄開催

(但し書籍・お酒・お米・ギフト・パン類・ミネラルウォーター類・

輸入食品等一部商品は対象外)

 

●有機野菜の価値

昨今はうちのような専門店でなくとも、大手なら(小さな

コーナーですが)大概置いてある有機野菜。当店でも

幾つか取り扱いはありますが、やはり有機JASマーク

の入った野菜であるというだけでよく売れます。

有機JAS認定の野菜しか買わない、というお客様もいら

っしゃる位ですから、今やその信頼度は相当なものです。

 

ヘルシーメイトでは有機JAS認定野菜を販売する資格

を有している丸協フードサービス(ユニーやドミー、イオン

にも有機野菜を卸している愛知県では結構名の知れた

野菜問屋さんです)というところから、全種有機JAS認

定取得済みの野菜を仕入れ、販売させてもらっています

が、それでも店頭に並ぶ野菜の大半が、個人や小さな

有機農業団体からのものです。

こういった業界に多少なりとも興味をお持ちの方は

ご存知だとは思いますが、有機JAS認定の認証を受け

るには、数々の厳しい審査と維持費や諸費用が必要

で、いかに基準を満たしたものであろうとも、認証が無

ければ有機栽培の野菜とお名乗ることはできません。 

むしろ有機JAS認定の野菜より、もっと高度な栽培で

作られた野菜もあるし、多少農薬を使ってはいても(

天然由来の農薬・例えば竹酢とか)味でいえば遥か

に美味しいものも多々ありますが、有機JASを取得

するお金・維持費が無い、栽培歴がはっきり記録

していない、出荷直前で虫がつき、やむを得ず少量

農薬を使用した、など無数の諸事情により有機栽培、

特別栽培(大雑把にいえば従来の農薬使用量の半分

以下の量の農薬で栽培された作物・他にも諸条件あり)

と名乗れないものが大半です。言ってみれば現在の当

店のラインナップは玉石混交(とはいえヘルシー独自の

基準で採用しているものが多いので変なモノは入りませ

ん)野菜と平均以上にどれも美味しい有機JAS認定野

菜群の2種類になります。

理屈だけで言えば有機JAS認定を受けた野菜のみで

揃えたほうがあらゆる意味で信頼度が高いですし、我

々店側もとても楽チンです。はじめからきれいに袋詰め

されて入荷してきますし、有機であるかどうかの追跡調

査等も問屋任せにできます。お客様によっては「有機

だから間違いない!」という確信に基づいて買われる方

も多々おられます。

実は先日こんな苦情が寄せられました。

「お宅で買った有機栽培に相当するもの、と説明を

受けたみかんと大根を購入したが全然美味しくなか

った。有機認定野菜に相当するならもっと美味しい

筈ではないか。農薬を使っているのではないか」

 

そのとき我々店側は、みかんに関しては栽培履歴

を生産者さんから口頭で聞いて把握していたので、

そのお客様にもご購入の際に口頭ではありました

が、説明しました。実はその時点では、まだ生産者

から正式な文書としての栽培履歴表を受け取ってい

なかったので店頭でプライスカードにつけるべきヘル

シーメイト独自表示基準表記をつけていなかったのです。

 

調べ直した結果、みかん、大根共に栽培履歴は有機

に相当するものであることは確認でき、お客様にも説

明した上で納得頂きました。専門店としてはあっては

ならない事は重々承知ですが、店頭での栽培履歴が

店に届いていないにも関わらず、先に並べてしまう事

があります。理由としては、有機に相当する野菜を小

規模で作られている生産者さん達が多く集まって形成

されている団体は日中殆ど畑にいます。連絡がつかず、

栽培履歴がわかるまで仕入れた野菜を半日も放ってお

けば、果物や葉物などは売り物にならなくなります。それ

に加えて、全ての生産者さんが店頭に並べる際お客様

に説明する必要性まで考えて作っているわけではありま

せん。最近は大分少なくなりましたが、栽培履歴って何?

と逆に聞かれることすらありました。

農業というのは非常に大変な作業です。まして有機に

相当する野菜を作ろうと思えば、なおのこと。きちんと

した栽培履歴を毎回マメにFAXできるかというと、そう

もいかない事情もあるのです。とはいえ我々店側にも

責任があるので、地道に毎回毎回お願いして、ようやく

送ってくれるようになりつつあります。しかし味に関して

は個人の生産者さんだと天候条件次第、運次第の要素

も大きく、いかに有機JAS以上の栽培方法でも如何

ともしがたい部分なのです。

あくまで私個人の見解ですが、丸協フードサービスさん

の有機JAS野菜は、いつ食べても平均以上の美味しさ。

しかし飛び抜けて美味しい味になることはありません。

残念ながら有機JASの基準を守っている以上はそう

ならざるを得ないと思います。しかし個人の生産者さん

の野菜は美味しい時はびっくりするぐらい美味しいし、

そうでないときも残念ながらあります。

どちらが上、ということではなく、どちらにも一長一短

がある栽培野菜だと私は思っています。

 

我々も毎回生産者が変わる野菜の全てを試食でき

ているわけではありませんが、なるべくお答えできる

よう試食はしています。今回のみかんは美味しくない

のでお勧めできません、なんて立場上言えない部分

もありますが(苦笑)、なるべく真摯にお答えしていき

たいと思っていますので、野菜、果物に限らず、直接

聞いてくださいね。

|

« ブログお休みのお知らせ | トップページ | 世界宗教事情 »

野菜」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 有機野菜の価値:

« ブログお休みのお知らせ | トップページ | 世界宗教事情 »