« 佐藤ファームさんmixiブログより転載「店の名前はシップ・ア・ホイ」 | トップページ | ●独り言の独り言 »

2008年2月 5日 (火)

中国産餃子の波紋その3

08年 2月 5日 追加情報

加藤農園 なまこもち入荷しました

この時期限定、どの商品でもこだわりぬいた原料

と手間暇を惜しまない姿勢が味に反映された

逸品です。無く21なり次第終了となります。

   

 

竹中缶詰「オイルサーディン」入荷しました

長らく欠品中でしたが、ようやく入荷できました。

ネットやブログでもその美味しさゆえ多数取り上

げられている逸品ですが、他にもカキ、ハタハタ

貝柱など他にもおいしい缶詰が出ているにも関

わらずいつも先にオイルサーディンだけ早く売れ

てしまい、ロット合わせが大変でしたが、今回は

多めに入荷しています。とはいえ早い者勝ちなの

で、まだお試しでないお客様はお早めにどうぞ。

  

2月の末は名古屋焼山店OPEN

3周年記念!!!

10%OFF+(会員の方)ポイント通常

SALE!!!

2/26(火)~3/2(日)迄開催

今回は3周年記念セールということで、普段は接する

機会の少ないメーカーの方々に店頭に来て頂いたり、

ヘルシーメイトお勧めの逸品試食コーナー、お買い上

げ金額に応じて粗品進呈など、買い物以外にもお楽し

み頂けるよう楽しい企画盛り沢山でお届けします。

お誘い合わせの上、是非ご来店下さい。

(但し書籍・お酒・お米・ギフト・パン類・ミネラルウォーター類・

輸入食品等一部商品は対象外)    

 

●中国産餃子の波紋その3

皆さんもご存知の通り、大方の見方は何者かの

故意による有機リン系殺虫剤メタミドホスを混入

の可能性が高い、という線に絞られつつあります。

 

私も事件発生直後から素人考えに色々考えまし

たが、外野でどんだけ野次を飛ばしても事件解

決に繋がるわけで無し、この段階での推測はた

んなる推理ごっこになりかねないので控えること

にします。

ただ今後国内での中国産のありとあらゆるモノ

の肩身がより一層狭くなることは誰の目にも明ら

かでしょう。当店でも付き合いのある問屋さんから

続々と、うちで取り扱っている商品の中国産原

料に関しての安全性を証明する公文書が入って

きています。しかしながらもし、今回の事件が日

本、中国いずれかの流通段階上における意図的

混入が原因ならば、いくらそんなものを公示しても

無意味です。テロと同様、まず防ぎようがありません。

 

無意味ついでに、松坂屋と大丸が中国産の取り扱い

をやめる、と発表していましたが、元々中国産の取り扱

いの少ない高級百貨店で何の意味があるのでしょうか。

どうも首を傾げざるを得ない報道で、もし自前のブランド

力のアピールに繋がると思っているなら、私は大きな間

違いではないかと感じています。ここでは大雑把にしか

かけませんが、商品が仮に国内産原料にこだわった醤油

!とアピールされていたとしましょう。確かに大豆は国産

かもしれませんが、発酵に使われる麹は何処産?小麦

は?加工した場所は?更に大豆とて100%国産使用!と

書かれていなければ、割合は国産のほうが多いかもしれ

ませんが大概外国産大豆とのブレンドとなります。

高級百貨店とて、直接的なイメージで浮かぶ野菜や加工

品以外でも、中国の他、発展途上国の安価な労働力にお

世話になっている商品は山のようにあります。それがいけ

ないわけではありません。ただそういったイメージの死角を

突いてうちのやつは安全だ!と便乗アピールするのは如何

なものか、という気がするのです。

 

中国サイドでもネットで過激な書き込みが増えているよう

ですが、どう抑えようが国を問わずこういった悪辣な意見

はなくなりません。日本、中国共に真摯かつ冷静な対応

と正直な調査内容の発表を期待したいものです。

|

« 佐藤ファームさんmixiブログより転載「店の名前はシップ・ア・ホイ」 | トップページ | ●独り言の独り言 »

主任の独り言」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国産餃子の波紋その3:

« 佐藤ファームさんmixiブログより転載「店の名前はシップ・ア・ホイ」 | トップページ | ●独り言の独り言 »