« 科学雑誌Newton.08年4月号より抜粋「リサイクルは本当に有効か」其の1 | トップページ | オメガジャパン 有機ホホバオイル »

2008年3月 9日 (日)

科学雑誌Newton.08年4月号より抜粋「リサイクルは本当に有効か」其の2

ヘルシーメイトの独り言もランキングに参加中です。

清き一票をお願いします!(笑)

人気ブログランキングへ 

 

08年 3月 8日 追加情報

大見紡 婦人用ロングパンツML

特価販売致します。

マチなしML(ヒ0803_20803ップサイズ85~90cm)

 白 ¥1260

 ●茶 ¥1050

 

 

0803_3 ←全体の形状

全品マチなし(股間の部分にゆとりを持たせる為の

作りになっていないタイプ。パンストのような履き

心地といえば分かりやすいでしょうか。)タイプです。

数に限りがございますので、お早めにお願いします。

  

会員データ変更・削除依頼をメール

でも受け付けます。

今までは店頭、電話、FAX等で会員データの変更を受け

付けていましたが、今後はメールでの変更届けも可能と

なります。岡崎本社店・名古屋焼山店どちらでご登録した

か明記した上で、変更箇所をお送り下さい。 

 

~名古屋焼山店パート募集のお知らせ~

名古屋焼山店にて働いて頂ける方1名募集しています。

自然食品に興味があり、レジ打ちやその他店頭業務、

エクセルやワードを使った簡単な入力業務が出来る方。

時給800円~、勤務時間は応相談です。

履歴書をスキャニングした形でメール応募も可能です

のでどしどしご応募下さい。

送付先メール:healthymate@w7.dion.ne.jp

もちろん、じかの面接も随時行っています。

詳しくは名古屋焼山店主任 山田までお願いします。

℡052-800-3533

 

決まり次第締め切らせて頂きます。ご容赦下さい。

 

3月は5%OFF+(会員の方)ポイント2倍SALE!

3/28(金)~3/30(日)迄開催

(但し書籍・お酒・お米・ギフト・パン類・ミネラルウォーター類・

輸入食品等一部商品は対象外)

 

「リサイクルは本当に有効か」其の2

   科学雑誌Newton.08年4月号より抜粋

前回は再生紙について気儘に書きました。今回はプラスチック

やペットボトルについてです。

 

プラスチックは形を変形できる「可塑性」という性質を

もつ物質の総称です。原料は石油で、ポリエチレン・

ポリプロピレン・ポリ塩化ビニル・ポリスチレン・ポリエ

チレンテフタレートの5種類が代表的なプラスチックで、

ペットボトルのペット(PET)とはポリエチレンテフタレート

の略なのだそうです。

ペットボトルのリサイクル方法については2つあり、

ひとつは分別・粉砕したのち引き伸ばして繊維として

再利用する「マテリアルリサイクル」。もうひとつはポリ

エチレンテフタレートより前の物質に戻して(??)

もう一度ポリエチレンテフタレートを作る「ケミカルリサ

イクル」なるものがあります。乱暴に分けてしまえば

「マテリアルリサイクル」は二次利用に重きを置き、

「ケミカルリサイクル」は完全に作り直して再利用

するということですが、現時点ではどちらも一長一

短で、専門家の間でもどちらが良いか、ということ

では意見が分かれているそうです。

ペットボトル以外のプラスチックは収集されたのち、

溶かして工事用の杭に加工されたり、あるいは製

鉄所で鉄鉱石から鉄を取り出すための還元剤とし

て使用されています。アルミニウムなどが吹き付け

られた菓子袋などはリサイクルが難しいため、焼却

されたり固形燃料に加工されて消費されているそう

です。

「分別の際こころがけたいこと」というところで書かれ

ている文に、私も強く同意しますが、ペットボトルはフタ

をはずし、中身もきれいにしておくこと。(軽く水洗いす

る程度でもよいのでお勧めします)

以前須賀原洋行さんという漫画家さんの漫画で読んだ

覚え(うろ覚えなので間違っていたらすみません)がある

のですが、この人はリサイクルで瓶を出す際、フタはもち

ろん瓶の先に付いている開閉タイプのプラスチック部分、

瓶に張られている商品ラベルまできれいに取り除いた上

で不燃物としてだすそうです。

須賀原洋行さんの情報はコチラ↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%88%E8%B3%80%E5%8E%9F%E6%B4%8B%E8%A1%8C

まだエコだのリサイクルだのが定着する前からやってい

たようで、その徹底振りに尊敬の念と同時に、そこまで

やらんでも…という面倒臭がりでやれていない自分のた

め息が入り混じって、複雑な気持ちにさせられた覚えが

あります。

やりすぎじゃない?という位に徹底して取り組まなけれ

ばエコとして実質性を伴わないというのは、ここ数年の

自然環境の激変振りを見れば明らかです。

なおとても細かい点ですが、一つ注意。容器の中身を

洗う場合はお湯は使わず水でやってください。蛇口か

らでるお湯を沸かすだけで、新品のプラスチックが作

れてしまうほどエネルギーを消費するそうです。

 

最終的にはリユース(再使用)、リデュース(抑制)が

一番のエコと言えそうですが、例えば子供のわがままに

対抗する言い訳として、リデュース(抑制)すなわち我慢

はとても説得力があるのではないでしょうか(笑)。

前から思っていた自説ですが、大人子供関係なく、

我侭は消費を促し、我慢はエコを促すものだと考え

ています。かといって我慢我慢で楽しいことを必要

以上に抑制するのも、つまらないですし、我侭放題

にやっても何も良い結果は生みません。

 

要はバランスということでしょうか。

|

« 科学雑誌Newton.08年4月号より抜粋「リサイクルは本当に有効か」其の1 | トップページ | オメガジャパン 有機ホホバオイル »

主任の独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391448/11113688

この記事へのトラックバック一覧です: 科学雑誌Newton.08年4月号より抜粋「リサイクルは本当に有効か」其の2:

« 科学雑誌Newton.08年4月号より抜粋「リサイクルは本当に有効か」其の1 | トップページ | オメガジャパン 有機ホホバオイル »