« 嫁さんの為ならエンヤコラ | トップページ | ハーブの効用 »

2008年8月 6日 (水)

消防法とヘルシーメイト

ヘルシーメイトの独り言もランキングに参加中です。

清き一票をお願いします!(笑)

人気ブログランキングへ

 

08年 8月 7日 追加情報

岡崎本社・名古屋焼山店共にお盆休み

8/11(月)~13(水)休ませて頂きます。

あらゆる問屋がお盆休みに入るので、(特に野菜関係)

当店休み前後は不足する商品が出る可能性もあり

ます。間違いなく欲しい場合はお電話にてお取り置き

を予約することをお勧めします。

 

当店最高ランク野菜・J2農場 児山さんの

野菜が店頭に並びだしております

昨今は自然農法という、化学肥料・農薬はおろか畑の外

部から入る動物性肥料すら使わず、純粋に畑の中だけで

サイクルさせて育てる高度な農法があります(実は流派が

無数にあるのでこれが自然農法の正しい定義かはわかり

ません)。が、それよりもさらに高度な農法、バイオダイナミ

ック農法という気候から天体法則、肥料と育てる野菜の組

み合わせなど様々なノウハウから作られた児山さんの夏野

菜が、限られた量ですが店頭に並ぶようになりました。

とにかく野菜から漂う生命力が段違いです。今はイタリアン

パセリ・きゅうり・ズッキーニ・調理用トマト・にんにくなどです。

収穫量が少ない為、無くなり次第終了となるケースが殆どで

すので、もしお目にとまった場合はゼヒ購入をお勧めします。

 

 

ヘルシーレター8月号商品紹介の

価格訂正お知らせ

●ラ・テラ・イル・チェロのブロンズ・

 フィットチーネリガーテ500g ¥294×→¥609○

●銀河高原ビール ペールエール350ml

                  ¥260×→¥273○

お詫びして訂正いたします。申し訳ありませんでした。

 

 

   

お待たせしました。今年も入荷しました!

J2農場の番茶 

J25←150g ¥735

※(画像の袋の価格は去年のものです) 

豊田市(旧東加茂郡下山村)標高600mの冷涼

な山地の小さな茶畑で、バイオダイナミック農法によって育

成、収穫されたこの時期のみに味わえる貴重な番茶です。

冷蔵庫に水出しで一晩置いて飲めば抜群の美味しさ!

とても鮮やかな緑色の液体になっていて、うっすらとろみ

を感じる呑み口。摘み立てでしか得られない瑞々しい香

りが鼻腔をくすぐります。数に限りがございますので、早

めのご購入をお勧めします。

 

海外有機(オーストラリア)

100%ストレートオーガニック

グレープジュース再開です

有機ものとしては、グレープフルーツジュースだけ

長い間店頭で欠品状態でしたが、ようやくムソーから

入荷の目処が立ちました。1000ml998円と決して安く

はありませんが、100%ストレートで有機グレープなら

ではの爽やかな酸味と甘味、かんきつ類独特の苦味

は猛暑に乗り切るにはもってこいのジュースです。

 

入れるだけで鮮度長持ち!

エンバランス袋バラエティセットが

再入荷しました。

どれだけの効果があるか、どんなサイズが使い

やすいのか、お試しするのに最適な大・中・小袋

がセットになったバラエティセットが、皆様方の

要望により、取り急ぎ入荷しました。ゼヒ其の効果

をお試しした上で実感してみてください。

 

 

正規スタッフ募集のお知らせ

ヘルシーメイトでは共に働いてくれるスタッフを1名募集

しています。年齢・学歴・性別不問。要免許(AT限定可)

勤務地は岡崎本社店です。仕事内容は接客・レジ・商品

の仕入れ管理、名古屋焼山店への荷物運搬、お客様へ

の荷物配達等、店舗運営業務に関する全般となります。

 

安全な食品・雑貨・衣料等に興味があり、将来店長を目

指しているやる気のある方歓迎します。勤務時間、給与

は委細面談。

 
面接希望の方は電話0564-52-7000

もしくはメールにhealthymate@w7.dion.ne.jp

本社店・店長 山田まで

 

プロパン用ガスコンロお譲りします

 

私事で恐縮ですが、去年引越しした際にいらなく

なった、プロパン用(都市ガスでは使えません)の

ガスコンロ、もしよろしければどなたかにお譲りし

たいと考えています。本社店に隠すように置きっぱ

だったのをパートさんに発見され、ただでさえ在庫

置き場が狭いんだから!と怒られてしまい、処分

することと相成りました。新品で買って使用期間は

2年弱。多少の汚れはありますが、十分使えます。

PhotoPhoto_2   

 

期限がきたら廃棄する、というわけではないので

気長な募集です。もし欲しい方がいらっしゃったら、

名古屋店にお電話かメール下さい。

 

 

7月は5%OFF+(会員の方)ポイント2倍SALE!

8/29(金)~31(日)迄開催

(但し書籍・お酒・お米・ギフト・パン類・ミネラルウォーター類・

輸入食品等一部商品は対象外)  

 

 

消防法とヘルシーメイト 

 

毎回冒頭に暑さをネタにするのは、いい加減マンネリだ

と思いつつ、つい書いてしまうほどの暑さ。今日は直射日

光の暑さはさほどではありませんが、この蒸し暑さは一体

何なんでしょう。もし今日の湿気に色がついていたら、スラ

イムか似非霊能力者の口から出ているエクトプラズムのよ

うに、ドロ~ンと鼻水みたいなのが、そこかしこに停滞して

いるんでしょうね。あー嫌な想像してしまいました。

 

お知らせの冒頭でも記載していますが、今月11日(月)~

13日(水)は両店共にお休みを頂きます。よろしくお願いし

ます。 

 

皆さんは消防法で新築住宅は平成18年6月1日より、既存

住宅は平成20年6月1日~平成23年6月1日までの間に住宅

用火災報知機の設置が義務付けられたことをご存知でしょ

うか。小規模な住宅ですらそうなのですから、当店のような

小規模スーパーすらもちろん防火設備と火災報知機の設置、

管理が店舗の規模に応じて義務付けられており年に1度の業

者点検が必要になっています。今まではさほど厳しいことを言

われることも、法的な罰則も全くありませんでしたが、平成13

年の新宿歌舞伎町雑居ビル火災の大惨事を受け、消防法

が大幅に見直し、強化されました。当時、私も東京に住んで

おり、その凄まじいまでの死者数(戦後5番目の44名)と今現

在、未だに犯人の目星すら付かないという悲惨な状況には同

情を禁じえませんでした。

 

うちの店に消防署員がくるまでは…

 

話の発端は去年の末。消防法の改正により、ある一定の規模

の会社に対して防火管理責任者という講習を受けて、その店な

り会社なりで防火管理責任者を設ける義務ができたので、ヘルシ

ーメイトも常駐している責任者にその講習を受けてきて欲しい、と

消防署員から話がありました。

まあ法的根拠を持つ義務ならば仕方がないかと、とりあえず

名古屋市の消防センターだかなんだかに、忙しいのに2日も

割いて講習に行きました。しかも有料。実務講習などもあり、

いかにも定年退職ののち、ここで働いてまっせ、という風体の

元消防署員達がけだるそうに働いていました。講習中には

利用する消防法のまとめみたいな、持って帰ってからは一生

読むことないだろうな、という冊子を何冊か渡され(持ち帰る

にゃ重いんだこれが)、書籍媒体なんぞ希望者に渡すだけで、

主にPCデータで渡せば、冊子作る税金だって相当安くあがる

だろうにと(天下り先に流れる税金が減るからそんな先進的な

ことは何やかや理由を見つけてぜっっっったいにやらないでし

ょうけど)、ぶつぶつ文句タレながら帰ったのを覚えています。

講習でも講師が口すっぱく言っていたような気がしますが、年

に1回業者に点検をうけ報告書を出す必要があり、そしてその

ことをきれいさっぱり忘れてしまいました。

やれといわれた講習が終った時点で、義務を果たしてこの件

はおしまい!と思い込んでいたのです。そうして半年が経過し、

先月末いきなり天白消防署から監督書という形で、年に1回

やらなければいけない、と定められている、火災報知機の点

検、消火器の点検、誘導灯の点検が済んでいないので、至

急業者にみてもらい、報告書を提出するように注意がきたの

です。なんのことやら?と電話をして確認したところ、案の定

業者に頼んで点検結果報告書を出すように、とのこと。そりゃ

こっちは零細企業なので、商売に直接関係しないような必要

経費や手間はなるべく避けたいという理由から、色々質問

したのですが、とにかく業者に点検してもらわないと始まらな

いの一点張り。まあ、ずーっとそんなことばかり鸚鵡返しに言

われたわけではないのですが(苦笑)、最終的にはそこに話

が落ち着くもんですから、こちらも結局天下り先の利権に金

が流れる手伝いをしなさいと命令されているような気持ちに

なり、別に業者に頼まなくても自分で出来るんでしょう?とか

そんなところにまで割く金、うちみたいな零細には無い!と

かごねまくりました。電話を切ったあと、一生読むことないだ

ろな、と思っていた講習でもらった(というか買ったに等しい)

消防法の基本とかいう、いかにもお役所が作りましたという

ような、センスの欠片も感じられない冊子をかなり読み込ん

だのです。やはり渡された書籍関連にも新宿歌舞伎町の事

件がきっかけで、今の消防法に改正されたと書かれていまし

た。一通りうちの店舗が関係する事項の部分のみ、穴が

あくほど読み込んだのですが、うち程度の店舗に必要かつ、

有用で、あの大惨事を教訓にした実質的解決に近い法改正

だとは、全く思えませんでした。そもそも東京の歌舞伎町とい

う、特殊も特殊な状況下で起きた火災の原因と、当店に来て

こういった条件に該当する店舗(うちの場合は店の規模が敷

地300㎡以上で30人以上200人以下の人の出入りが認められ

る店舗という条件に引っかかる)だから、早く火災報知機と消

火器を業者にチェックしてもらいなさい、と簡単に当てはめる

のは如何なものか。

名古屋市街地のど真ん中、ビル群の一角に店舗を構えていて、

雑然とした造りとモノの配置になっているというのなら、点検しろ、

火災時における緊急避難路を確保しろ、という訓告にも十分納

得できますが、今回改正された消防法で店舗火災の防止を目

的とした条件には、どう考えてもうちのような形態の店舗に合致

するような実質的な必要性は皆無です。

私が思うに、今回うちの店舗に対して消防署の人たちが監督

する根拠にしているのは、ただ法律で決められた範囲に引っか

かるからやんなさい、という火事に因る惨事を防ぐという目的

に全く沿わない杓子定規な理由からです(悪法もまた法なり、

とはよくいったもんです)。火災時は何が起きるか分からないし、

ありとあらゆる状況に対応できる形で備える必要があるのは、

お客さんの安全を考える上で当然の事ですが、今現在、うち

の店舗から出火する可能性のある箇所は殆どないと思われ

ます。(素人に何がわかる!と言われればそれまでですが)火

事が起きるとしたら、相当の悪意をもって火炎放射器で一気に

燃やすとか、自爆テロなどで狙われるなんてことがない限りあ

りえません。大体そんな悪意を持つ輩に狙われたら初めからお

手上げ、打つ手などありはしません。

ましてここは日本だし、ヤクザか政治団体の事務所ならそれ

もありえますが、一介の自然食品スーパーには100%無いと

断言できます。

 

まあ結論から言って、国に逆らっても何の得も無いし、何が起

こるかわからないからこそ、年に1回定期点検しなさいという理

屈は、全くもって正しいといえます。正直私もそう思います。

しかしながら、消火器設備全般の民間会社にどれほどの天下り

が流れ、ただこの法律に寄生虫のようにぶら下がっている、それ

らの関係書類を作成、発行するだけの存在価値が不明な会社

が幾つも存在し、なおかつ法律が存在する限り安泰であると

胡坐かいて高給貰ってる公務員共に、我々のお金や血税が使わ

れているかと思うと、もうとにかく腹が立って仕方がないのです。

 

…ウダウダと長文になりましたが、要はお役所体質と天下りの

利権に金が流れることにムカついた、と。まあそんな話です(苦笑)。

本当にろくでもない余計な仕事と経費が増えただけだ、なんて

微塵も思っておらず(苦笑)、来年の防火設備点検は消防設備

士乙3と乙4という、うちの店舗に必要な国家資格を取得して、

なっるっべっく天下り先に流れる経費を削減しようと考えておる

次第であります(まあ国家資格が既に天下り利権の温床なので

本末転倒かもしれませんが(苦笑))。 最終的に今回は業者に

頼むことになりましたが、3社から見積もり貰って一番高いところ

が7万4千円。一番低いとこで2万3千5百円。なんすか?この価格

差は(苦笑)。

これだけでも消防設備の理解度・知名度の不透明さを盾に

アコギな料金体系やっているところが多いか、よくわかります。

消火器もネットで見ると高いのは2万弱、安いのは3800円程

度。消火器なんざとっくに基本的なノウハウが確立されてい

るだろうから、3800円でも利益が出るということは、もっと安く

できる筈。もう今回の件で、声を大にして言いたいおかしな点

は山とありますが、キリが無いのでこれ以上はやめておきます。

 

某サイトで、名の売れた政治家と殆どのキャリア官僚の重要な

仕事は天下り先を確保する事、と断じていましたが、今回の

件でなるほど、と思った次第です。

 

あー腹が立つ(苦笑)。

|

« 嫁さんの為ならエンヤコラ | トップページ | ハーブの効用 »

主任の独り言(ブラック)」カテゴリの記事

コメント

うちも消防から検査があり、同様な高圧的な指導をうけました。法は人のために本来あるげきところが、なんか違う方向に行ってしまって「法のための法」あるいは業者のための法となってしまうような感じです。しかし
点検業者の見積もりの差は何ですか??
2倍以上の差がありますね(笑い)
不透明すぎます。 
なんとかなりませんかねえ、この法律。もっと業種で色分けをしてもいいんじゃないかと…

投稿: とっこん | 2008年10月11日 (土) 18時44分

主任と申します。こんなだらだらとした
ブログに目を通して頂き、汗顔の至りです。
実はこのときの意気込みはどこえやら、消防士の試験の複雑さと、受かった後の更新、消防設備をチェックする機材をそろえるだけでも相当なコストであることがわかり、泣く泣く業者に毎年依頼する羽目になりました。まあ、その業者さんはとてもいい人で、見積もりも明朗会計、かなり年配ですが細かいところまで気を使ってくれるので、まあこの人に頼めるだけでも良しとしよう、ということで落ち着きました。こんなことを言いたくはありませんが、消防士は肉体労働系が多いので、定年後融通の利かない人材が多いらしく、その天下り先の確保に躍起になっているようです。何が何でも天下りを無くせ、という強硬論を主張するつもりはありません。適材適所で納得のいく人材の2次利用ができておらず、無意味な高給取りが多いから腹が立つのです。小さな小さなブログの主張ではありますが、地道ながらも主張できる場所があるのだから、くさらずに主張し続けたいと思います。
 
読んでいただきありがとうございました。

投稿: とっこんさんへ | 2008年10月12日 (日) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391448/22825601

この記事へのトラックバック一覧です: 消防法とヘルシーメイト:

« 嫁さんの為ならエンヤコラ | トップページ | ハーブの効用 »