« すみません | トップページ | オーブス本社探訪記 其の2 »

2008年11月13日 (木)

オーブス本社探訪記 其の1

ヘルシーメイトの独り言もランキングに参加中です。

清き一票をお願いします!(笑)

人気ブログランキングへ

11月は5%OFF+(会員の方)ポイント2倍SALE!

11/28(金)~11/30(日)迄開催

(但し書籍・お酒・お米・ギフト・パン類・ミネラルウォーター類・

輸入食品等一部商品は対象外)  

 

08年 11月9日 追加情報

特価商品情報Pa270200

Pa270197 Pa270198 Pa270199 

 

 

マルサン・サラダドリンク150g×3で お試し特価¥100

雄山・オーガニックダジャンプルーン 1袋¥399→¥379

丸成商事・有機天津むきあまぐり 90g¥262→¥235

 ヾ    有機楽笑甘栗 1袋  ¥315→¥283

セールは終了しましたが、お買い得な品揃えは

まだまだございます。是非ご来店下さい。 

 

五月堂 玄米パン・よもぎ玄米パン
 
(各あん入り・なし)始まりました


冬期人気商品の玄米パン再開しました。玄米を練りこんだ

甘くやわらかい生地がたまりません。具をはさんだり、バタ

ーやマーガリンでもおいしく召し上がれます。蒸してお食べ

ください。

 

容器を持ち込んで頂いた方に限り、08年額田みそ

2.4kg~より特価にてお分けします。

容器持込価格は店頭価格商品よりも5%もお得!

詳しくは店頭にて。

 

 

額田赤みそ出来上がりました。 

当店で置かれている選りすぐりの赤みそよりも更に美味しい!

と評判のヘルシーメイトオリジナル赤みそ、今年もようやく出来

上がりました。安城市産の低農薬大豆(農薬1回・除草剤1回)

ふくゆたか、大豆麹は同じ大豆・米麹は農薬不使用の福島県

新田さんのまほろば米、塩はポルトガル産天日塩のヴァージン

ソルトを使用。漬け込み、袋詰めなどの作業は岡崎市額田町

輝きネットぬかた」さんにお願いしました。

今年から容器を持ち込みされた方に容器持ち込み特価で

お分けしていますので、詳しくはお電話か、当店でお配りし

ているチラシをご覧ください。

店頭販売品価格 800g ¥980

 

新しいパン屋さん、ラパン・ノワール「くろうさぎ」

を採用します。

http://www.lapin-noir.co.jp/

埼玉県秩父市にて自家培養天然酵母、国産小麦のパンを

作っている有名なパン屋さん、ラパン・ノワール「くろうさぎ」

のパンを両店にて採用、販売することになりました。

プースやわっぱんの数量調整も絡んでくるので、何をどれだ

け置くかは目下検討中です。初回入荷日が決まりましたら

またお知らせします。

 

 

今年もオーガニックボージョレー・ヌーヴォー

の予約始まりました。

どのようなワイン?

ブルゴーニュ地方の南、食の都として有名な、フランス第2

の大都市リヨンの近くまで広がるボージョレ地区で9月の中

頃から10月にかけて収穫した完熟のガメイ種(棚作りでは

なく一本づつ,低く小さく育てる「ゴブレ作り」を採用)を清潔且

つ無傷の状態で取り入れ大型の密閉タンクにいっぱい入れ

静置します(マセラシオン・カルボニック法と云う)。

糖度が22%~24%位あるぶどうはその間穏やかな醗酵を

ぶどうの皮の内側で続けます。数日間その状態を保ってか

ら圧搾します.圧搾したワインは明るい色をした、新鮮な香り

(薔薇の花、赤い果実類)、軽やかなタンニン、苦味の少な

い味を既に持っています.貯酒タンクに暫く静置しておくと角

が取れ円やかさをまします.

冷やすと美味しくなるリンゴ酸と、常温で美味しくなる乳酸も

ほど良くあり、その為12度から14度位にすこし冷やしてお

飲み頂くと心地よく飲むことが出来ます.

今年も無農薬・有機農法の健康な土壌から出来た美味しく、

安全なボージョレ・ヌーボーをお楽しみ頂けます.

醗酵時にのみ使用する亜硫酸塩の残存も少なく(活性亜硫

酸残存量約5~8mg/l  5mg/L以下は検出できない量です)

安心してお奨めできます

・マーセル・ヌーヴォー(無濾過・無添加)750ml

定価¥3045→予約特価¥2740

・デュクロ・ヴィラージュ・ヌーヴォー

(無濾過・無添加)750ml

定価¥3520→予約特価¥3168  

(値引き無し・会員の方ポイント対象外) 

オーブス本社探訪記 其の1
 
 
今回を含め、驚異のリピート率を誇る化粧水、「夢見肌」他
様々な水関連の商品を展開するオーブスの本社探訪記を、
これから3回+番外編1回にてアップする予定です。
 
当店ではおなじみのオーブスの水製品、初めてお聞きする
方はコチラをどーぞ。↓
http://www.orbs-i.co.jp/menu/main_menu.html
 
 

11日の爽やかな秋空の下、いってまいりました長野県安曇野

市のオーブス本社。

白馬三山を庭からどーんと見渡せる絶景のロケ地に会社はあ

りました。 とにかく空気は美味いし、景色も抜群。普段からPC

の画面が日常過ごす時間の3分の2を占める日々を送る身と

しては、死ぬほど羨ましい立地です。

岡崎市から車で3時間半、安曇野は白馬駅から5分の辺りに、

オーブスの本社はあります。 

 
Photo

(すみません、よりにもよって会社を撮り損ねてしまいました。

HPの会社概要の画像を転用します)
 

 Photo_2  

 
 
 
白馬三山↑ 

一番きれいに撮れる場所をオーブスの方が案内して

くれました。 
   
岡崎を出発するときには11月とは思えない暖かさでしたが、 

流石に白馬は寒い。到着したのは12時半頃でしたが、途中

道路わきに設置されている気温計で比較すると白馬はほぼ

4度低く、体感温度はさほど寒いとは思いませんでしたが、

暫く外をウロウロして暖かいところに戻ると、キューっと芯か

ら冷えているのを改めて感じます。
  
  
 
2   
   
  
 
  
白馬三山2↑
 
この時期でこんなにきれいに山が見える日は非常に珍しい

とのことです。ラッキーでした。   

本社に行く前に、オーブスの各種商品のベースとなる水

と同じ水が湧き出ている水源を見てきました。

 

Photo
 

 

 

小さなお堂が祭ってある、とある村内の水源地です。ここ

まで送ってくださったオーブスの関連会社の社長さんが

教えてくれたのですが、白馬の幾つかの水源の周辺は、

世界的にも保護が必要と認定される希少な植物が何十

種も固まって生息しているそうで、その事実からしても白

馬の水が如何にすごいものかよくわかります。

 

3  

 

 

 

お約束ですが、水源に手を突っ込んでみましたが、地下水

は夏は冷たく冬は暖かいという定石通り…ではなく冬なの

に滅茶苦茶冷たかったです(苦笑)。

同伴して頂いたオーブスの社員さんの話では、基本的には

同じ水源ではあるけれども、実際にオーブスの水を作るた

め汲み上げた水源は、現在危険な場所に指定されていて

一般の人間は立ち入り禁止だそうです。

ここで流れている水自体は村内の生活排水も若干混じ

っているので、本当の地下水のきれいさとはまた違います

が、一応口にしてみました。強いて言うなら本当にほんの

少し生臭いかな?という味は感じましたが、至って透明度

が高く、クセのない美味しいといえる類の水でした。

 

明日はオーブスの代表取締役社長、岸さんとお話を

したときの模様を記憶を辿りながらアップしたいと思います。

 

 

 

|

« すみません | トップページ | オーブス本社探訪記 其の2 »

化粧品類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーブス本社探訪記 其の1:

« すみません | トップページ | オーブス本社探訪記 其の2 »