« OJ有機パスタのご紹介 | トップページ | 2009年度カレンダーのご紹介 »

2008年11月 9日 (日)

岡崎市の化学調味料不使用ラーメン屋「 鉄平jr まさや」の閉店について

ヘルシーメイトの独り言もランキングに参加中です。

清き一票をお願いします!(笑)

人気ブログランキングへ

11月は5%OFF+(会員の方)ポイント2倍SALE!

11/28(金)~11/30(日)迄開催

(但し書籍・お酒・お米・ギフト・パン類・ミネラルウォーター類・

輸入食品等一部商品は対象外)  

 

08年 11月9日 追加情報

特価商品情報Pa270200

Pa270197 Pa270198 Pa270199 

 

 

 

マルサン・サラダドリンク150g×3で お試し特価¥100

雄山・オーガニックダジャンプルーン 1袋¥399→¥379

丸成商事・有機天津むきあまぐり 90g¥262→¥235

 ヾ    有機楽笑甘栗 1袋  ¥315→¥283

 

セールは終了しましたが、お買い得な品揃えは

まだまだございます。是非ご来店下さい。 

五月堂 玄米パン・よもぎ玄米パン
 
(各あん入り・なし)始まりました


冬期人気商品の玄米パン再開しました。玄米を練りこんだ

甘くやわらかい生地がたまりません。具をはさんだり、バタ

ーやマーガリンでもおいしく召し上がれます。蒸してお食べ

ください。

 

 

容器を持ち込んで頂いた方に限り、08年額田みそ

2.4kg~より特価にてお分けします。

容器持込価格は店頭価格商品よりも5%もお得!

詳しくは店頭にて。

お待たせしました!10月末は年に3回の

10%OFFセールです!

10月28日(火)~11月2日(日)の6日間、10%OFF

+会員の方ポイント通常セールです。各メーカーの

営業の方による商品説明や試食販売などイベントも

盛りだくさん!ぜひふるってご来店下さい!

額田赤みそ出来上がりました。 

当店で置かれている選りすぐりの赤みそよりも更に美味しい!

と評判のヘルシーメイトオリジナル赤みそ、今年もようやく出来

上がりました。安城市産の低農薬大豆(農薬1回・除草剤1回)

ふくゆたか、大豆麹は同じ大豆・米麹は農薬不使用の福島県

新田さんのまほろば米、塩はポルトガル産天日塩のヴァージン

ソルトを使用。漬け込み、袋詰めなどの作業は岡崎市額田町

輝きネットぬかた」さんにお願いしました。

今年から容器を持ち込みされた方に容器持ち込み特価で

お分けしていますので、詳しくはお電話か、当店でお配りし

ているチラシをご覧ください。

店頭販売品価格 800g ¥980

新しいパン屋さん、ラパン・ノワール「くろうさぎ」

を採用します。

http://www.lapin-noir.co.jp/

埼玉県秩父市にて自家培養天然酵母、国産小麦のパンを

作っている有名なパン屋さん、ラパン・ノワール「くろうさぎ」

のパンを両店にて採用、販売することになりました。

プースやわっぱんの数量調整も絡んでくるので、何をどれだ

け置くかは目下検討中です。初回入荷日が決まりましたら

またお知らせします。

今年もオーガニックボージョレー・ヌーヴォー

の予約始まりました。

どのようなワイン?

ブルゴーニュ地方の南、食の都として有名な、フランス第2

の大都市リヨンの近くまで広がるボージョレ地区で9月の中

頃から10月にかけて収穫した完熟のガメイ種(棚作りでは

なく一本づつ,低く小さく育てる「ゴブレ作り」を採用)を清潔且

つ無傷の状態で取り入れ大型の密閉タンクにいっぱい入れ

静置します(マセラシオン・カルボニック法と云う)。

糖度が22%~24%位あるぶどうはその間穏やかな醗酵を

ぶどうの皮の内側で続けます。数日間その状態を保ってか

ら圧搾します.圧搾したワインは明るい色をした、新鮮な香り

(薔薇の花、赤い果実類)、軽やかなタンニン、苦味の少な

い味を既に持っています.貯酒タンクに暫く静置しておくと角

が取れ円やかさをまします.

冷やすと美味しくなるリンゴ酸と、常温で美味しくなる乳酸も

ほど良くあり、その為12度から14度位にすこし冷やしてお

飲み頂くと心地よく飲むことが出来ます.

今年も無農薬・有機農法の健康な土壌から出来た美味しく、

安全なボージョレ・ヌーボーをお楽しみ頂けます.

醗酵時にのみ使用する亜硫酸塩の残存も少なく(活性亜硫

酸残存量約5~8mg/l  5mg/L以下は検出できない量です)

安心してお奨めできます

・マーセル・ヌーヴォー(無濾過・無添加)750ml

定価¥3045→予約特価¥2740

・デュクロ・ヴィラージュ・ヌーヴォー

(無濾過・無添加)750ml

定価¥3520→予約特価¥3168  

(値引き無し・会員の方ポイント対象外) 

 

 

 

岡崎市の化学調味料不使用ラーメン屋
「 鉄平jr まさや」の閉店について

*今回は岡崎ローカルのネタになります。なにとぞご了承下さい。

 
 

…まいりました。外食できる場所として数少ないひいきの店、
近所の化学調味料不使用ラーメン屋鉄平jr まさやが閉店
していました。昨日の夕方久々に食べにいったら、通り掛け
電気がついている様子がなく、どうもおかしい。なんと、7月
いっぱいで既に閉店しており、昨日の時点ではようやく次の
テナント用の工事が始まっていたという、4ヶ月も前にひっそ
りと無くなってしまっていたのです。かなりショックです。

ここからは場末の飲み屋でホッピー片手に愚痴るおっさん
となんら変わらないテンションで語らせて頂きます(苦笑)。
なぜに、何ゆえに岡崎に限らず三河地方というのは食に
対する文化的価値を見出そうとしない土地柄なのでしょう
か。私自身岡崎生まれの岡崎育ちなので、その泥臭い
精神性はそれなりに知ってはいるつもりですが、まがりな
りにも人口37万の中核都市。もっとグラデーションの色合
いの如く様々な嗜好性を容認し、それが成熟していく土壌
があってしかるべきだと思います。しかしながら相も変わら
ず大半の飲食店のアピールポイントは質より量、田舎の
味付けの延長でしかない甘辛い味覚がベースの多様性の
ない味付け。喫茶店にいけばビデオデッキみたいなでかさ
のトーストと、チョモランマのように盛られた甘いだけの大手
メーカー市販のアイスクリーム、これをコーヒーとほざいて
出すか、というような企業努力の欠片も感じられないコーヒ
ー風味の液体、化調をベースにラーメンを作ることになんの
疑問も持たない中華料理屋、野菜本来の甘みや力強さなど
全く感じられないパスタ屋のシーザーサラダ、全国チェーン
の回転寿司にできる行列…

失礼、熱くなってしまいました。
私とてたまにはコンビニでサンドイッチやカップラーメンも買い
ますし、チップスターも結構好きです。回転寿司やファミレス
で食事することも抵抗はありません。自然食品スーパーの店
員にも係わらず庶民派を気取る意図があるわけではなく、本
当に個人的に食べたいと思うし、それらには食品として魅力が
あるから買うのです。しかしそれらはやはり満足できる味では
ないし、本当に自然から取れたばかりの美味しさや、香料や
化学的に抽出された旨み成分を合成しただけでは決して感じ
得られない、植物動物関係なく、今さっきまで生物として生き
ていたであろう「生気」のようなものは、採りたてでしか味わえ
ません。それをコンビニに求めるのは無理な話ですし、そも
そもそれを大手外食チェーンには無いぞ、と批判する事自体
も間違いです。それぞれの役割があるのと同様、より自然な
状態に近い素材を食べたいのならそういった物を扱う店に
行かなければ手に入るわけがないからです。
食の安全が警鐘される今になっても、コンビニは乱立し、大
手メーカーの大半の食品は製造工程や全原材料の公表を
渋ります。そもそも、食の安全を守ろうという理念から生まれ
た筈の生協で販売された食品を口にして入院する羽目になる
今の状況を本気で憂う人々が、たくさんいるのなら、なぜ化学
調味料は使いません、なるべく素性のわかる原材料、国産のも
のにこだわって頑張る飲食店が、特に岡崎はこうも評価されな
いのでしょう。

今回のラーメン屋の場合、他の要素として場所が悪かった、と
いうのと、夕方からの営業しなしていなかった(もしかしたら昼
もやっていたかもしれませんが、閉店してしまった今となっては
私には知る術もありません)という営業努力の問題もあると
は思います。加えて昨今の国産小麦の値上がりと、特に国産
の昆布類の価格の高騰は驚くべきものでしたから(まさやは羅
臼産昆布・利尻産昆布のどちらかを出汁に使っていたはずです)
、漢字で「拘り」と書くとしっくりくるように、下手に拘りが強いとそ
れらの信念に拘束されると、採算が合わなくなります。こだわり
を優先するあまり、商売をする上で生き残る為の強かさを犠牲
にしていた、と結果的には言えるかもしれません。

本来なら月に2~3度は通いたかったのですが、私の休日と
ラーメン屋の定休日が重なってしまっていたのと、夕方からし
かやっていないという縛りが私の足を鈍らせていました。
今更どういっても仕方ないし、通えなかった人間がどうこう言う
以前に、店側に私の知らない止むを得ない事情もあったこと
でしょう。こんだけ熱く語って実は結構儲かってたけど別の理由
でやめた、なんつったらいい面の皮ですが(苦笑)。

とにかく岡崎であれだけ原材料を厳選し、なおかつ公表して
やっていたラーメン屋はそうそう無いでしょう。とにかく残念
でなりません。はっきり言うと、岡崎市は昔から地元住民の
食に対する意識が高い人は少数で、ヘルシーメイトでも分子
研やトヨタ関連の転勤族などが多いのが現状です。それでも
最近は若い方で食の安全を意識するお客さんも多くなってき
ているのでうれしい限りですが。

必ずしも有機でなければ、国産でなければというほど突き詰
めなくても、この外食チェーンは毎日欠かさず米が安定供給
されているけれど、いったいどこのものを使っているのだろう、
とか、この牛丼の価格が何故にこんなに安く提供できている
のだろう?というちょっとした疑問を持ち続けて考えることが
一番大事だと思うのです。それを踏まえて本物を提供してく
れる店で本当の美味しさを味わえる場所がもっと増えると、
食文化が育つ連鎖ができる筈なのですが。

30前後くらいでしたでしょうか、まさやのご主人。またどこか
別の店をやることがあるなら是非とも伺いたいところです。

|

« OJ有機パスタのご紹介 | トップページ | 2009年度カレンダーのご紹介 »

ヘルシーメイトお勧め!飲食店情報」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。こんにちはkentnkと申します。

>熱い
熱い語りがあってこそのプログだと思います。
>閉店
情報ありがとうございました。
岡崎付近のラーメン屋さんへも時々通っておりますが、鉄平Jrさんは未訪問でした。
同じ望月製麺さんの流れをくむということではメグリア本店に蘭月さんが残っています。
また、年二回ほど望月製麺さん自身がメグリア本店の物産展に出展されています。
道産小麦、無化調なかなか骨のある仕事ぶりです。http://kentnk.blog.ocn.ne.jp/kentnk/2008/09/post_73c6.html

ところで、ヘルシーメイトさんの店舗が能見にあったころ良く通ってました。古い話ですみません。
これからも頑張ってください。

投稿: kentnk | 2008年11月10日 (月) 09時22分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岡崎市の化学調味料不使用ラーメン屋「 鉄平jr まさや」の閉店について:

« OJ有機パスタのご紹介 | トップページ | 2009年度カレンダーのご紹介 »