« インターネットの構造 | トップページ | 「オイルを食べよう! アマ二ブレンド油(炒め油)」のご案内 »

2009年1月11日 (日)

昨今の自然食レストランブームについて

ヘルシーメイトの独り言もランキングに参加中です。

清き一票をお願いします!(笑)

人気ブログランキングへ

12月は5%OFF+(会員の方)ポイント2倍SALE!

1/30(金)~2/1(日)迄開催

(但し書籍・お酒・お米・ギフト・パン類・ミネラルウォーター類・

輸入食品等一部商品は対象外)  

■ 09年 1月 11日 お客様へのお知らせ情報■

●エルゴラピードのお取り扱いについて

エレクトロラクス社製ハンディ掃除機「エルゴラピード」

¥16800(税込)ですが、問屋の在庫が無いことと、商品

の仕様・規格変更に伴い、4月まで取扱を中止します。

4月以降には順次入荷できると思いますので、お電話

等でご確認の上お買い求め下さい。

 

  

●味噌用大豆・各種麹の予約受付始まりました

手前味噌作りや粕漬に適した季節になりました。

自分だけの手作りの味に挑戦してみましょう!

大豆と麹の比率は大体同量ですが、甘めに仕

上げたい時は麹を多めにして下さい。

 

●味噌用大豆 (生産者:林茂樹さん)

一袋単位    価格  予約特価

  1kg     \1000   \900 

「大豆」栽培内容

特別栽培(防虫剤1回) 音楽栽培

●乾燥玄米麹 (オーサワジャパン)

一袋単位    価格  予約特価

  500g    \1144   \1030 

「乾燥玄米麹」栽培内容

岡山県産無農薬栽培玄米使用

●白米麹 (兵藤麹店)

一袋単位    価格  予約特価

  500g    \702   \638 

「白米麹」栽培内容

愛知県産みねあさひ 栽培時農薬不使用

生産者:額田町蔵っ工 

●大豆麹 (兵藤麹店)

一袋単位    価格  予約特価

  1kg    \1380   \1242 

「大豆麹」栽培内容

愛知県産大豆 除草剤、防虫剤各1回 音楽栽培

●乾燥麦麹 (オーサワジャパン)

一袋単位    価格  予約特価

  500g    \987   \889 

「乾燥麦麹」栽培内容

岩手県産有機栽培大麦使用

※上記の材料で1セットとなった

  お試しセットもございます。

●大豆 800g ●大豆麹 400g ●白米麹400g

● 塩 500g

         セット価格1980円

(味噌の漬け方は予約用紙の裏に載せてあります。) 

ご予約締切日2008年 2月 1日(日)

ご希望の方は入荷次第ご連絡差し上げます。

お渡し日(予定)2月3日以降 

(大豆麹は2月10日以降になります)

大豆は定価にて店頭販売致しますが、各種麹は

予約主体としていますので、店頭での販売はごく

少数となります。予約で全て埋った場合店頭には

並びませんので、お早めの予約をお勧めします。

※予約特価につきセール時値引き対象外・

 ポイント対象外です。予めご了承下さい。

●500円金券使用について

先月より会員の方にお出ししている500ポイント毎に

つきお渡ししている500円金券の複数枚使用を解禁

しました。それに伴い従来値引き対象外(お米・書籍・

酒・輸入食品・その他一部の商品)のみのお買い物を

された場合でも500円券で値引きはできますが、レジの

システムの関係上従来お持ちのポイントが減少する

場合がございます(通常値引き対象の商品に関して

は関係ございません) 

ご了承の上お買い求め下さい。

 

 

 

 

昨今の自然食レストランブームについて

 

朝はさほどでもなかったのですが、この日中の太陽光不足か

らくる薄ら寒さは心身ともにシンシンと冷えますね。ようやく冬

らしい寒さ到来と言えますが、去年までは肩が張るだの、腰が

痛いだの、腹回りが重いだの泣き言だらけだった自分が、今

は自転車通勤が効いているのか、さほどの辛さは感じません。

むしろ火照っている身体にやや心地よいとすら思っている今日

この頃です。ガソリン代も浮かせられるし、体調もすこぶる良い

し、やっぱり人は身体を動かしてナンボですな。

  

ところで、先日名古屋に所用があり名駅前をうろうろしてまい

りましたが、名古屋駅はやっぱり人が多い!です。もともと人

混みが苦手なうえに、かなりの方向音痴なので、今回も名古

屋に詳しい同伴者がいなければ、ゾンビのように彷徨うところ

でした。30半ばのおっさんが心細く迷子になっている姿はだい

ぶ痛々しいですね(苦笑)。

そのついでといってはなんですが、最近妙にそこら中で目につ

く自然食系のレストラン(といっていいのかな?)、JRセントラル

タワー13F「さんるーむ」さんのランチを食べてきました。

 

ぶっちゃけ言えば同じフロアのもくもくファームさんがやられて

いるレストランに入りたかったのですが、金曜のお昼で妙に

空いているように見えたフードフロアにあって、もくもくファーム

のお店だけは予約待ちで10人以上!そのあとスケジュールが

おしていたので、ちゃちゃっと食えるところがさんるーむさん

のほうでした。

Photo  

 

 

 

ランチは…

Photo_2  

 

 

運営している親会社が同フロアのパスタ屋「五右衛門」と

同じであるというところで特に期待できる味ではない、とい

うのが個人的な予想でしたが、まあなんちゅうことはない、

やっぱり普通のランチでした。

 

その後所用を済ませて同伴者の希望により、一社にある

自然食品スーパー「ゾンネガルテン」とマクロ系レストラン

「ポランの広場」に行き、早めの夕食をとりました。

 

1

2

 

 

一応ライバルなのであまり詳しくは紹介することはでき

ませんが、味はこの業界にあってさすが老舗、というと

ころでしょうか。とてもおいしかったです(まあ男性には

やや物足りない量でしたが)。

それにしても最近ニューオープンする自然食系レストラン

やカフェの多いこと多いこと。それぞれのTPOに合わせて

客層も目的も違うので、一概に何が良いのか簡単に評価

はできませんが、昨今オープンしている店舗の雰囲気や

出されるランチは、どれもマンネリ気味というか、どうも

インパクトに欠ける気がします。マクロ系、自然食系のレス

トランならこういう雰囲気だろう、という作る側の安易なビ

ジョンが透けて見える店は論外、個人でやっている小規模

なカフェやレストランでも、よほどの老舗やブーム前から

営んでいらっしゃる方々をのぞき、最近オープンしている

自然食系統の店はどうにも同じに見えてしまいがちのよう

な気がします。

私はもともとこんな商売でメシを食っているにも関わらず、

ジャンクな食い物にも抵抗はないので、つかむしろ好き

かもしんまい位な立ち位置ですから、自然食系のレスト

ランだからこういう雰囲気、という既成概念があまり好き

ではありません。こだわりにこだわりぬいた結果、そうい

ったお店になりましたというのはわかりますが、そろそろ

こういった箱を用意すればお客さんが入るだろう、という

流れはつまらないし、お客さんも当然気づくと思います。

かといって私自身に代替案があるわけではないので、偉

そうなことは言えませんが…やっぱりそういった側面のム

ーブメントを求めるのなら東京じゃあないとダメなのかもし

れません。 

もし私に資金提供してくれるのなら、今まで見たこともな

いような斬新な雰囲気の自然食レストランを作って差し上

げますよ、スポンサーの皆さん。

 

ただし斬新=お客さんが入る、と保障できるわけではない

ので悪しからず(苦笑)。

 

 

|

« インターネットの構造 | トップページ | 「オイルを食べよう! アマ二ブレンド油(炒め油)」のご案内 »

主任の独り言(ブラック)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
いつも楽しく拝見しています。
>最近オープンしている
>自然食系統の店はどうにも同じに
>見えてしまいがち
同感です。
それに一人で行動することが多いので非常に入りにくいし、入っても居心地が悪い(笑)
まわりは女性ばかりでこっちはおっさん一人。しかも服装とかスタイルが洗練されていないから相当、怪しい。

>ジャンク好き
こちらも同じ趣味ですね。食い物は「美味しい、健康、安全・安心、嬉しい」のうちのどれか一つだけでも感じれば良しと思っております。

ところで、昨日、岡崎店で味噌のお試しセットをオーダーしました。楽しみにしています。

投稿: kentnk | 2009年1月12日 (月) 11時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昨今の自然食レストランブームについて:

« インターネットの構造 | トップページ | 「オイルを食べよう! アマ二ブレンド油(炒め油)」のご案内 »