« 光食品 オーガニックトマトソース試食レポート | トップページ | 名古屋の飲み屋・丸の内かめいにて日本三大魚醤を味わう会勃発! »

2010年12月 8日 (水)

日本三大魚醤のご紹介

鍋の季節に突入しました!ヘルシーメイトでオールインワン

でそろう、希少で、より美味しい鍋を味わう為の魚醤をご紹介。

それぞれ土地の特徴と違いが味わえるまたとないチャンスです! 


 
諸井醸造所 秋田しょっつる130g 735円(込)

P9190025

P9190026

秋田しょっつるは、魚肉、内蔵などを食塩と混合し、3年

程度発酵、熟成させたものです。このあいだに魚自身が

持つ酵素作用で、タンパク質がアミノ酸に分解され、旨み

のある「秋田しょっつる」が出来上がります。

 


有限会社菊水  いかなご醤油  300ml
 1260円

P9190030

P9190031

瀬戸内の春を告げる新鮮ないかなごで、日本三大魚醤

のひとつ、さぬきの伝統食「いかなご醤油」を、高松・

松平藩料理番”柳一刀流”の秘伝の造りで蘇らせました。

さしみ醤油に、煮物に、様々な用途でご利用下さい。

 

有限会社カネイシ いしり 280ml 472円

P9190032

P9190033

イカの内臓を塩にまぶし、2年間熟成させた魚醤油です。
 
イカを使った料理には勿論、海産物系の隠し味、だし汁、
       
また中華料理などの仕上げなど、料理に幅広く使える
       
調理素材です。

 
いしりとは?

いしり(いしるともいいます)とは能登半島先端部、奥能登地方に

古くから伝わる魚醤のことで、秋田のしょっつる、香川のいかなご
 
醤油
と並ぶ日本三大魚醤のうちの1つです。また、海外ではタイの
 
ナンプラー
などもこれら魚醤の一種です。

      能登のいしりは大きく分けてイカいしりとイワシいしりがあります。

カネイシのいしりは、そのうちのイカいしりになります。冬の寒い時

期にイカの内臓をよく塩と合わせ、タンクに漬込みます。その後何

度か攪拌を繰り返し、そこに溜まった黒い液がいしりとなります。

                         ~copy right カネイシHP~

 

地元より参戦!

豊浜水産物加工業協同組合
      しこの露 250ml 525円(込)

P9190028

P9190029

愛知県知多郡南知多にて水揚げあれたカタクチイワシを、

1年弱漬け込んで魚醤にしました。イワシのほどよい雑味

と旨みが凝縮されています。他の魚醤に比べ、シンプルで

力強いおいしさが特徴です。

|

« 光食品 オーガニックトマトソース試食レポート | トップページ | 名古屋の飲み屋・丸の内かめいにて日本三大魚醤を味わう会勃発! »

イベント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/391448/37967553

この記事へのトラックバック一覧です: 日本三大魚醤のご紹介:

« 光食品 オーガニックトマトソース試食レポート | トップページ | 名古屋の飲み屋・丸の内かめいにて日本三大魚醤を味わう会勃発! »